June 9, 2016

Lyrics

雨はやがてあがるもの 雲はいつか切れるもの
顔をあげてごらん 君を呼ぶ声きこえるはず

光る涙は 微笑みの前触れだから
いつか その悲しみに 誰かが翼をくれるでしょう

風がほほを撫でてゆく 日差しが君に降り注ぐ
笑顔を思い出したね 誰かの声に応えたんだね

小さな微笑み 幸せの前触れだから
いつか その喜びに 君は包まれることでしょう

翼をもらった悲しみ 去った心に 虹は生まれる
さみしさ色から ぬくもり色へ
それは 気持ちのグラデーション
あたたかな 輝きを いつまでも

本当に本当の ひとりぼっちなんて
どこにもいないということ
君はもう知っているはずだから…

誰かの涙に いつの日か出会ったならば
こんどは その悲しみに 君が翼をあたえましょう

翼をもらった悲しみ 去った心に 虹はうまれる
さみしさ色から ぬくもり色へ
それは 気持ちのグラデーション
あたたかな 輝きを いつまでも

Show moreShow less