February 24, 2016

Lyrics

まほらの戸に立つ産土(ウブスナ)へ
手向けるは椿花
夢路の社の其の奥に
よもすがら咲き匂う

捻れの街角夕暮れに
影法師誰を想う
からから廻るは
風車 誘われ君を想う

ないしょ ないしょ きこえくるのは
よいの さかいの かぐらうた

うたえ

あかやあかしやあやかしの
鳥居 越えたその向こう
歪み歪んだこの心
すべてあいして喰らいましょう

あかやあかしやあやかしの
ゆれる狐火あざやかに
歪み歪んだこの絆
すべてあいして喰らいましょう

ひふみよいむなや こともちろらね
しきるゆゐつわぬそをたはくめか
うおゑにさりへて のますあせえほれけ

不知花(シラズカズラ)の茜森(アカネモリ)
手招くはまぼろしか
選び選ばれ行く末は
いとしかなしの朱隠(アカカク)し

逆しまの街はツギハギに
捩れの因果が蔓延(ハビコ)りて
悼(イタ)みの連鎖はツギツギに
次はどの児(コ)と追いかける

あかやあかしやあやかしの
願い飢(カツ)えたその果てに
繋ぎ繋げたこの想い
すべてあいして赦しましょう

かみのますとりいにいれば
このみよりひつぎのみやとやすらげくす

あかやあかしやあやかしの
鳥居 越えたその向こう
歪み歪んだこの心
すべてあいして

あかやあかしやあやかしの
ゆれる狐火あざやかに
歪み歪んだこの絆
すべてあいして喰らいましょう

歪み歪んだこの心
すべてあいして喰らいましょう

かみのますとりいにいれば このみよ
りひつきのみやとやすらげくす

Show moreShow less