November 12, 2015

Lyrics

もしもまた生まれ変われたならば
次はどんな人に生まれたらいいかな
明るいだとか友達が多いだとか
もう何だっていいよな 今の自分じゃないなら
自殺志願者も人殺しも偽善者も
教師も聖職者も小さな女の子も
自分自身の心を守るだけで
精一杯 目一杯 それだけでもう時間切れ

出鱈目な空想で今日も傷付いたんでしょう
たぶん言われるの嫌だろうけどさ 少しくらい分かるよ
そうやって 自分だけずっと責め続けて
逃げ出したくて 抜け出したくて
変わりたくて また躓いて

もう死にたくたって構わないから
そこに座っていなよ 見つけに行くよ
誰も代わりになれやしないよ
許さなくていいから 少しくらい笑いなよ ねえ

時が来たら 役に立てるように
ノート引っ張り出して お話を書いたよ
沢山書き殴って見返して気が付いて
寒気がした これは全部 自分のことじゃないか

「いつまでも いつまでも 幸せに暮らしました」
そこで終わるなよ その先だよ 知らなきゃいけないのは
受け取った 幸福を 壊さない方法を
見つけ出したくて 掴みたくて
守りたくて また壊されて

もう誰のこともさ 信じなくていいから
そこで寝ていなよ 探しに行くよ
君の代わりに 笑ってはやれないよ
何もないのは 僕だって同じなんだよ

何かを渡したいのだけど 何も渡せるものが無くて
仕方ないからこの身体を 細かく刻んで歌にしたよ
君がもしも望んでるなら どれでも好きなの拾ってよ
君の大嫌いなこの世界を いつまでもここで歌うから
ここにいるから

もう死にたくたって構わないから
そこに座っていなよ 何度でも見つけに来るから
誰も代わりに許してはやれないよ
君を許せるのは そう 君しかいない

だから
どうにかして生き延びてよ ずっと閉じたままでも構わないよ
それを笑う奴がいたってさ どうせ君を殺せやしないから
自暴自棄だっていいよ やたらと人に怯えないでよ
僕を許さなくていいから 少しくらい笑ってよ
ねぇ

Show moreShow less