September 18, 2016

Lyrics

今宵も天(そら)は 明るく
一際輝く 流星の尾

愛しき君の 身を案じ
くるりくるり 回って

覗く度に足はもう
燃ゆる定め その時は間も無く

天(そら)を駆けゆく アマツキツネは
ほろり ほろり 涙雫
彼方の国の 愛しき君へ
届け 夜空に舞う
架けろ アマツキツネよ

「願いを叶えたいなら
おキツネさまに願いなさい」
遠い幸せ 夢見て
天(そら)目指し 旅立った

あの日キツネは 流星に
天(そら)を願い 光満ちゆく

遠い昔に アマツキツネは
何を想い 何を詠う
彼方を目指す 瞳の粒は
喜びか悲しみか

この体が消えぬ間に
生きた証 ここに咲かせましょう

天(そら)を駆けゆく アマツキツネは
ほろり ほろり 涙雫
彼方の国の 愛しき君へ
届け 夜空に舞う
架けろ アマツキツネよ

Show moreShow less