December 4, 2015

Lyrics

この声は小さすぎて 君の元までは届かない
例え それを知っていても 叫ばずにいられない
BESTEN DANK

こんなところにも 壁がまっていた
交わろうとする そして 乗り越える
でも すべては水に流れてく

くぼみに落ちたり 雨に撃たれたり
虹の都へは 遠すぎるようだ
でも 待つことはできない

この窓は小さすぎて 君の顔さえも判らない
例え それを知っていても 開かずにいられない

生まれて初めて 目が覚めたように
明かりも暗闇も 同じように見える
それは不思議な景色だ

この声は小さすぎて 君の元までは届かない
例え それを知っていても 叫ばずにいられない

ひまわりの咲く頃に また波が訪れる
今までとこれからが 廻りつづけることに
気付くだろう

あの日の景色は 晴れ渡っていた
戻らない青が 惜しみなくくれた
時間を覚えていたい

この窓は小さすぎて 君の顔さえも判らない
例え それを知っていても 開かずにいられない

この声は小さすぎて 君の元までは届かない
例え それを知っていても 叫ばずにいられない

この声は小さすぎて 君の元までは届かない
例え それを知っていても 叫ばずにいられない
BESTEN DANK

Show moreShow less