March 7, 2016

Lyrics

「さよなら」僕らの夏 砂浜、あつい南風
雨降り、真夏の空、遠くで広がる笑顔
汗まみれになった 部活帰りの制服
無口のままの君の背中がなつかしいよ

君といたひと夏が終わり 秋が来て君は去り瞳を閉じる
暗がりで見た二つの星 蜃気楼なんかじゃない今も
少し冷たい秋の朝だね

風船あふれてきた想いと一緒に飛ばした
静かにうつむく君 最後の日曜日だね
いつも使っていた 君のラケット今日の日は
見えない空を探して 倉庫で一人ぼっちさ
伝えたい約束の言葉 僕は不器用だから言えなかったんだ
夕暮れに重なる君の顔 赤い陽射しの中に溶けていく
二人してナマイキだった

裸足で全部駆け抜けた まさか君がいなくなるなんて・・・
思い出はこの海辺が知っている 僕らがいた"あかし"

目覚めたら外は雨だった 忘れない同じ目をして過ごしたね
ある秋の午後に潮風が吹きかけて胸が熱くなった

空の青色 いつか君が 戻って来るその日まで変わらないはず
誰より夏を長く生きた 次の年きっと短くなる
君がいない僕だけ一人夏

Show moreShow less