Lyrics

ふとした瞬間に 思い出す事
君はいつも 言ってた 「海が好きなの」

遠くに霞んだ 遊覧船は
すぐに消えてしまった 朱色の砂浜

しゃがみこんでは 数えきれない
貝殻の声に 耳を傾けた

重ねた指と指先が 波に溶けて
うつむいた君と夕焼けが キラキラしてた

沈黙は続く 淑(しと)やかな時間(とき)
風の音もちょっと 遠慮がちみたい

目を細めては 家路を急ぐ
海鳥の影に サヨナラを告げた

朱の太陽は水平線で 目をこすって
遠くで笑う ふたりの声に嫉妬してた
あぁ嘘みたい

砂だらけのシャツに 今も残っている
君の水飛沫(みずしぶき)
あぁ夢みたい

重ねた指と指先が 波に溶けて
ころんじゃった君と夕焼けが キラキラしてた

あぁもう誰も僕達のこと邪魔できない
笑われてもいい 少しだけ 目を閉じてくれ

あぁ嘘みたい

嘘みたい

Show moreShow less