- White Eyes

Report copyright infringement
November 12, 2015

Lyrics

狂った月を受け止め両手を抱え怯えている宙
この声が届くまで、夜明けの訪れも許せないまま

すべての君の言葉が…
すべての君の仕草が…
僕にはまだ、儚すぎて

差し出した僕の手に触れることはなく
冷たい君に口づけを交わした
何度も君の名を叫び続けても
降り積もる哀しみは誰にも消せない

この出会いさえ過ちと刻まれ続く罪の中で震えた

すべての僕の想いは…
すべての僕の心は…
今も君を忘れられずにいた

夜明けの空が好きな君が
最後に見せたあの涙を
光りにかざして僕に見せた
あの姿のまま

誰にも止められない募る哀しみよ
どこまでも落ちて行け、もっと深く
どれだけ苦しくても僕らを離せない
この体が朽ちるまで誰にも消せない

僕だけの君よ、宙高く舞い上がれ
銀色に染まりゆく大地に抱かれて
いつだって見上げれば君が笑ってる
いつの日にか、この宙で僕らはまた出逢える

Show moreShow less