October 16, 2016

Lyrics

君とよく行った坂下食堂は
どうやら僕らと一緒に卒業しちゃうらしい
何でもない毎日が本当は
記念日だったって今頃気づいたんだ 今頃気づいたんだ
卒業式の前の日に僕が知りたかったのは
地球の自転の理由とかパブロフの犬のことじゃなくて
本当にこのまま終わるのかってことさ
ひっそりとした教室に座っているのは僕らだけで
何だか少し笑えてきた
空はいい感じの夕焼け色で飛行機雲がキーンて続いていた
きっといつの日か笑い話になるのかな
あの頃は青くさかったなんてね
水平線に消えていく太陽みたいに
僕らの青春もサラバなのだね
サラバ青春
思い出なんていらないって つっぱってみたけれど
いつだって過去には勝てやしない
あの頃が大好きで思い出し笑いも大好きで
真っ暗闇に僕ひとりぼっち
ピンク色の風もうす紫の香りも音楽室のピアノの上
大人になればお酒もぐいぐい飲めちゃうけれど
もう空は飛べなくなっちゃうの?
サヨナラ
汗のにおいの染みついたグラウンドも
ロングトーンのラッパの音も「さようなら」って言えそうにないなあ
君とよく行った坂下食堂は
どうやら僕らと一緒に卒業しちゃうらしい
何でもない毎日が本当は
記念日だったって今頃気づいたんだ 今頃気づいたんだ

Show moreShow less