November 12, 2015

Lyrics

ぼんやり 思っていた このまま日々は続いてく
ぼんやり 描いていた 未来は暖かい色
照れくさくて 口には出せなかった 一緒に大人になりたかった

君の体温が もう言葉なんかいらないと言ったあの冬

君が欲しいものが 僕が持っていたものと
いつか違っていたことに気付けなくって
君の幸せを形作る担当をはずされていたことも 後に知った

ずっとずっとずっと 知らなかった ずっとずっと

担当失格者は自分の幸せを 求めるのやめた
期待した分だけ傷付くなら 欲しがらない 何も望まない
またいつか急に さようならって言われることに怯えて過ごす
同じ間違いは二度としない 相手の幸せだけ強く願うよ

そうすれば全部がうまくいくんだよ
もう誰も泣いたりしなくて済むよ

相手にとっての必要なもの全部 僕の中にあればいいのにな
でも残念ながら 全てを満たせるような人間ではない 僕は適任じゃない

何も心配ないよ
自分の幸せだけ最優先で探せばいいんだよ
笑顔で送り出す準備はできているよ 嗚咽を我慢して今日も笑う

一人でも大丈夫
何も心配ないよ

Show moreShow less