November 12, 2015

Lyrics

ありふれた出来事が
こんなにも愛しくなってる
わずかな時間でも
ただ君のそばにいたかった
あの夏を偲ぶように
粉雪が舞い降りる
鳴り止まぬ鐘のように
君と過ごした日々を優しく包んでほしい
僕の記憶もいつか
遠い空に還ってゆくのだろうか
過去からの便りのように
粉雪は舞い降りて
ガラス越し 冬の朝
心に秘めた想い 君に届けてほしい
どれくらいの涙が残ってるだろう
今は静かに目を閉じるだけで・・・
思い出を語るように
粉雪が舞い降りる
悲しみに暮れぬように
微笑を絶やさぬように
日はめぐり振り返れば
確かに君がいたあの夏の日に
確かに僕がいた8月の空の下

Show moreShow less