November 12, 2015

Lyrics

今日も雨だ
雨 のち 雨
ごくろうさま

「これで おしまい」

そっとしまう
浅く 深追いの指

轍歩く
叢雲踏むが如く
静かに
音も立てず

見慣れた端の明かりの跳んで
顔染め上げ
音響きもたてず崩れてしまう
この瓦礫の先には
何かあるのかな

何があるのかな

誰か 教えておくれよ

僕はあまり器用な人間じゃあないから
想像することが出来ないんだ

ただ

愛したひとが泣いた
愛してくれたひとが泣いていた

指と指 触れてむつんで
擦れ合うたびに
水位が増している

大空と遊び疲れてさ
落ちては 声を上げて
弾けて 残るを仰ぐ

何が言えようか
こんな僕にいったい何が言えようか

さよならをひとつひとつに 願いをさむ
それぞれの夜漕ぎをへて 先に
手のひらに在る 立ち並んで
ゆらり のぼり雨

道行きのほどの灯りか 明け残り
不安げな顔して
さざ波の音にあわせて消えていく
降り注ぐものと心通わせて

ひとり傘 ひとり黙して ひとり旅

雨宿り
そうか 僕は
雨にもなれず
風にもなれずに
このまま消えていくのだろうな

僕はおそらく
そうやって消えていくのだろう
でも それが僕なのだからしようがない

僕は消して器用な人間ではないので
それが良いことなのか 良くないことなのか
まったく想像もつかないが
ただ ひとつ言えることは
それが僕なのだから しようがない ということだ

ひとが変ることはないからだ
ひとは決して変らない
変えること自体 馬鹿馬鹿しいように思う
所詮 僕は僕でしかないからだ

今日も雨がきつい日だ
今日も風がきつい日だ
今日も きつい日だ

大空を泳ぎ疲れてさ
泣きながら落ちてくるのだもの
誰が何を言えようか

愛したひとが泣いていた
何も言わずに

外は雨

愛してくれたひとが泣いていた

今日も きっと 明日も雨

さよならはひとつひとつ 輪郭をなし
それぞれ 確かに 大地となって
手のひらの深みでくすぶる
澱みを受け止める

ささやかに光り 降り注ぐ素朴の
思い詫ぶ逆波
大切なひと 大切なものがあり
それぞれが水漬くことはない

結果 そうでったとしても
僕にとって
それは耐えることの出来ないことである

小さくなった寄る辺に
黙して願いの人形の
掲げてひとつ ひとつ

もつれるように 逃げるように消える
雲に結いつけて
追いかけて 背中の音 たたみおく

滑稽だろう

でも

そうすることで

明日は
明日こそは
晴れそうな気がしてさ

今日も雨
ずぶぬれ どろだらけ

明日は晴れると良いな

Show moreShow less